お薬手帳とは

お薬手帳は、患者さまが「いつ、どこで、どんなお薬を処方してもらったのか」という記録(薬歴)を残すための手帳です。
複数の診療科や医療機関に通っている患者様の場合、お薬の飲み合わせによっては、思わぬ副作用が出てしまうことも考えられます。
お薬を安全に服用するためにも、「お薬手帳」をぜひご活用ください。

オクスリ手帳

お薬手帳の役割

お薬手帳

お薬に関して、いつから・どんな薬を・どのくらいの量を飲んでいるのかということが一目瞭然でわかるというのがお薬手帳の最大の利点です。
他の病院・診療所・歯科医院にかかった時にお薬手帳を医師、歯科医師に見せることで薬の重複などを避けることができます。
また、外出先での急な病気、また事故や災害などといった非常のとき、お薬手帳を携帯していれば初めて診てもらう医師にいつも服用している薬の内容がわかってもらえて、救急の処置が円滑に行いやすくなります。

お薬手帳の使い方

■病院や歯科医院、薬局に行ったときには、毎回必ず医師・歯科医師や薬剤師に提示してください。
■薬局で市販の薬を購入する際にも、薬剤師に提示してください。
■病院や薬局で薬の名前等が書かれた説明書(シール)を渡されたときは、忘れずにお薬手帳に貼ってください。
■通院時、外出時には必ず持ち歩きましょう。
■お薬手帳は、あなたの薬の記録(薬歴)になります。大切に保管してください。

お薬手帳02

お薬手帳の活用方法

お薬手帳03

お薬手帳をもっと有効に活用していただくためには、薬剤師が記載するだけでなく、患者様ご自身に書き込んでいただくことにより様々な情報が共有でき、治療や副作用防止に大変役立ちます。
■お薬を飲んだ際、感想を薬の情報に書き加えておくことをお勧めします。
「副作用がでた」というマイナスの情報だけでなく「良く効いた」というプラスの情報も記録しておくと、次回の処方の際に、大変参考になります。
■医師や薬剤師に質問したいことがある場合、書き込んでおきましょう。
せっかく病院や薬局に行ったのに疑問に思ったことを聞き忘れたり、人によっては先生の前に座るとつい上がってしまって言いそびれたりすることがあります。
質問したい内容を次回忘れずに聞くためにメモしておくと便利です。