ジェネリック医薬品とは

ジェネリック医薬品とは先に開発された薬(先発医薬品)の特許が切れた後に作られる、同じ有効成分で同じ効き目の薬です。
先発医薬品の特許が切れた後に、新たに他社から厚生労働大臣の承認のもとで製造販売されるため、「後発医薬品」とも言われます。

ジェネリック

同じ成分でも安いのはなぜ?

お薬によっても異なりますが、新薬を開発するためには、長い年月と多くの開発費用がかかります。
その期間や開発費用が抑えられるため、先発医薬品より安価であるのが特徴です。

先発医薬品とでは、色や味などが違う場合があります

製品によっては、薬の大きさや味、におい、保存性の改善など、先発医薬品よりも工夫されたものもあります。また、 一つの先発医薬品に対し、複数のジェネリック医薬品が出ていることもあり、カプセル・錠剤・点眼剤など、様々な形態で開発されています。

有効性、安全性が確認されています

ジェネリック医薬品は、長年にわたり使用されてきた先発医薬品と同じ有効成分が入っています。
有効性や安全性が確認された同等の品質が確保されており、効き目や安全性については、十分に検証されていると言えます。

調剤薬局で医師の処方せんに基づいて調剤します

ジェネリック医薬品を使いたい時は、医療機関を受診した時に医師に相談するか、調剤薬局で薬剤師に相談して下さい。
医師による処方せんに、ジェネリック医薬品が記載されていれば調剤することができます。
また、処方せんの変更不可欄にチェック欄がないお薬や、一般名で処方されたお薬は、患者さんご自身が薬剤師と相談して、ジェネリック医薬品を選ぶことができます。 ただし、先発医薬品と成分や効果などが変わらないジェネリック医薬品でも、使用されている添加物が異なる場合がありますので、アレルギー体質の患者さんの場合は特に注意が必要になります。